自動車には、自賠責保険と任意保険の二つがありますので、自賠責保険で満足のいく保証を受けることができないと考える人は、自発的に任意保険に加入しなくてはいけません。では、任意保険の割引が受けられるような制度を提供している会社はあるのでしょうか。実は、任意保険の会社には契約で特約を締結することによって一定の割引を提供している会社も存在します。例えば、ドライブレコーダーをサービスの一環として提供している保険会社です。ドライブレコーダーというのは、自動車の運転状況を記録するための機械のことを意味します。これを設置することを条件として、割引のサービスを受けることができるキャンペーンなどを提供している任意保険の会社は時々存在します。そうした割引目的以外に関しても、ドライブレコーダーというのは実は色々なメリットがあります。例えば、事故の証拠映像として交通事故の損害賠償請求の際に役立つことです。そもそも、交通事故における慰謝料請求は、一般的に見ても被害者が不利になってしまうケースが非常に多いです。これは、過失の割合を被害者と加害者が一夫的に証明することがとても難しいという事情が存在するからです。本来、何らかのトラブルが生じて金銭面での解決を図るときには、客観的な証拠が必要になります。しかし、自動車での交通事故というのは自動車を運転する当事者以外に関しては、それを目撃している目撃証人の証言くらいしか証拠が存在しないので、客観的な物的証拠をそろえることが非常に難しい案件として有名なのです。そのため、ドライブレコーダーのように事故当時の映像を簡単に記録することができる機器が存在すると、過失割合を証明するときに大変有効に利用することが可能です。